ご利用シーン

航空無線データ通信サービスご利用シーン

大手航空会社でのご利用

離着陸を控えた航空機に対して使用可能な滑走路、進入方式、気象などの情報を提供する「飛行場情報放送」、残燃料や搭乗者数の確認、飛行中の航空機の状況確認など安全で円滑な運航に必要な情報を扱う「運航管理通信」ほか、航空機と航空会社の間で交わされる情報は多種多様。日々、数多くの運航を管理する大手航空会社では、このような多種多様な情報を高頻度で処理する必要があります。「航空無線データ通信」は、多様で膨大な情報をリアルタイムに、そして効率よく伝達できる通信システムとして、大手航空会社の情報通信に必要不可欠な存在となっています。

ACCSサーバーに接続する航空会社での利用

「航空無線データ通信」は、少ない人員でも迅速、確実に情報伝達を行えるシステムです。ACCSサーバーに接続する航空会社では、航空機の安全で円滑な運航という目的はもちろんのこと、運航管理の効率化という面でも大きく貢献しています。 アビコム・ジャパンでは、各社の運航規模や体制を考慮した上で、最適なシステム構築を行います。

航空無線データ通信サービスの詳細はこちら

MCA空港無線電話サービスご利用シーン

旅客サービスでのご利用

出発時にはチェックインからご搭乗まで、到着時には手荷物の対応やお客様の誘導など、旅客サービス業務は、お客様の状況や運航状況にあわせて臨機応変な対応が求められます。刻々と変化する状況を把握するため、また、チーム内の緊密な連携のため、携帯型無線機は最前線のスタッフにとって必要不可欠なツールとしてご利用いただいています。また、コントロール部門では、運航情報や現場からの連絡を収集・伝達するため、主に宅内機をご利用いただいています。

グランドハンドリングでのご利用

航空機の誘導、機内の清掃・点検、給油、電源車接続、手荷物や貨物の搭降載などグランドハンドリングの業務は多岐にわたります。定刻どおりの運航のためには、これらの業務を、着陸と離陸の間の限られた時間内に完了させなければなりません。グランドハンドリング会社では、各作業員が携帯型無線機を携行し、作業の進捗状況を逐次報告。管理部門では宅内機やモニター受信機を導入し、出発・到着スケジュールにあわせた人員配置や作業指示、進捗状況の確認に活用していただいております。

ビルメンテナンスでのご利用

空港を清潔で快適にご利用していただくため、日々、清掃・修繕などを行っているビルメンテナンス会社では、定期的な作業報告をはじめ、臨時の清掃依頼が発生した際の人員派遣や作業指示の連絡等に無線機を活用していただいています。

空港警備でのご利用

万全のセキュリティが要求される空港警備においては、平時であっても綿密な連絡が欠かせません。また、不測の事態が発生した際には、正確な状況把握、警備員の応援派遣、関係機関への連絡などを行うため、迅速な情報収集・伝達が何よりも大切になってきます。MCA無線は、こういった万全の警備体制を支える重要な通信手段。広大な敷地の各所に配置された警備員と指揮所を結ぶツールとして、携帯型無線機や車載無線機等をご利用いただいています。

MCA空港無線電話サービスの詳細はこちら